Tailpiece Stud Offset Bushing

Short Length,Long Length 3,000JPY /each
1個での販売となります。ヴィンテージサイズとヒストリックサイズの2種類を用意いたしました。



ヴィンテージギブソンの傾いたテールピース、ABR−1ブリッジと平行にも見えるテールピースを手軽に再現するオフセットアンカーを製作しました。ギタースタッド穴をメイプルで埋め直すことなく、このブッシュを適正な位置(角度)に埋め直すだけで リアルなテールピース傾きが再現できます。1弦側を1個入れ替える事により約1mm調整が可能です。

もちろん、オフセットさせただけの製品ではなく、鉄素材まもちろん、ローレット(ギザギザ)の鋭さをも再現しトップのメイプルにスタッドからの振動を余すことなく伝えます。当時の製品同様にメッキはしていない為、錆が発生する事がありますが、これもヴィンテージの再現とご容赦ください。


ヴィンテージは約1o〜1.5oオフセットしていますが1弦側と6弦側、両方入れ替える事により最大2o移動できます。Reissueの年式によるABR−1ブリッジの傾きやノブとの位置関係などオーナーのお好み、こだわりに応じ オフセットアンカーを埋める角度を適正に調整する必要があります。またギターのよってサイズが適合しない場合もございますので交換にはプロリペアーマンご依頼ください。

※オリジナル同様、錆びが生じる場合がございますのでご注意ください。※


 
 
写真は2個交換しています。








 
センターオフセットは約1ミリ









 

1弦側と6弦側をオフセットさせ交換した状態。これにより最大約2o傾きます。
取り付ける事によりテールピース間のピッチがわずかに変わります。Dmc製Ver2.0のテールピースを推奨いたします。
テールピースの適合はお客様による現物確認が必要になります。
 



 上写真は2009年以降のヒストリックに1弦側のみ交換した推奨状態











取り付けに関して

2009年以降のカスタムショップ製品であれば1弦側(片側)だけの交換でもリアルなルックスが再現できますが、個体差もございます。下写真は、サンプル取り付け例になります。
 
 


 2009 50th 59Reissue Offset Bushing
1弦側のみオフセットアンカーに交換
(パーツはDmc Agedに交換しています)






Copyright(C) 2008 Dead Mint Club All Rights Reserved.